生きる事全て表現。
ラジオパーソナリティ、シンガーソングライター、デザイナー、イベンター、イラストライター、シナリオライター、コメンテーター、タレント、ウエルカムボード作家、母 と独自の世界を描くマルチアーティスト。

バンド「猫の手は借りたい」でボーカル担当。
これが今必要な港町ブルース。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
陽だまりの彼女
本を読んだよ。

「陽だまりの彼女-越谷オサム」



この萌え系の表紙には少し萎えた私ですが、、。

タイトルにぴったり、淡切ないお話でした。

映画にもなったんだよね。

でも、映画でなく、是非、活字を読んでいただきたい1冊。
ラストが映画と小説はカナリ異なるみたいよ。

自分の夫婦生活感とかも思い馳せたりしながら読んでいたら、最後はウタモモ、何故か号泣してしまいました。(笑)

そして決め手は猫!!
猫が出てきたらさ、もう猫好きな私としてはね、、。(笑)

そんなに長くない本だから、サクッとどうぞだね。
| 01:42 | モモが読んだ書物 | comments(0) | trackbacks(0) |
赤い地獄
本を読んだよ。

「赤い地獄-川奈まり子」

元AV女優と言う経歴を持つ作者が描くホラー作品と言うことで興味を持って読んでみたこの本。

一気に軽く読める一冊でした。(*´∀`)

そして、そんな経歴を持つ方だからこそ、エロチシズムと生々しさ、その中にも儚さと冷たさがある作品でした。

夏にピッタリ!!(笑)

結婚を気にAV界を引退して小説作家になる。

なんか強さがあって好きだな、そう言う生き方ってさ。

| 17:09 | モモが読んだ書物 | comments(0) | trackbacks(0) |
向日葵の咲かない夏
本を読んだよ。

「向日葵の咲かない夏/道尾秀介」

ちょっとゾクっとするから今の季節向けかも。

読み始めてから一気に5時間程で読めてしまった、このミステリー作品だから、最初から最後まで飽きない!

モモがこの本を読んで感じたことは。

〜人、一人一人の受け入れ方、聞き方聞こえ方、見方見え方、それは全てにおいて違う可能性の方が高い、そして心傷との向き合い方〜

このお話の中で、モモが名言やな!!って思った言葉。

「何かをずっと覚えておくというのは大変なことだ。しかし、何かをわざと忘れることに比べると、大したことはない。」

納得!!!(笑)

ちなみにこのお話の作者の道尾秀介さん、男前!!(笑)


| 15:54 | モモが読んだ書物 | comments(0) | trackbacks(0) |